アバヤをまとった女の子

ファタヒラ広場で恋人の写真を撮るソンコをかぶった若者

ソンコをかぶった若者がファタヒラ広場でアバヤをまとった彼女の写真を撮っていた

インドネシアのジャカルタにあるファタヒラ広場で撮影。

ウロウロと道草を食いながらも、ようやくファタヒラ広場へと辿り着いた。ここはオランダ東インド会社が作った植民地バタヴィアの中心地だったところで、石畳の広場の南側に建っているジャカルタ歴史博物館が当時の市庁舎だ。今では正面玄関の上に白と赤のインドネシア国旗がはためいているが、往時はオランダ国旗だったに違いない。

ジャカルタ有数の観光名所になっているファタヒラ広場は、日曜日だったこともあって大勢の観光客で賑わっていた。僕のように国外からやって来たと思われる人もいれば、インドネシア人と思われる人も大勢いた。子どもたちは広々とした広場を駆け回り、若者たちは自撮りをするのに忙しい。インドネシアでも承認欲求を満たすSNSは大人気だ。

刺繍のついたソンコをかぶった若い男も旧市庁舎をバックに恋人の写真を撮るのに忙しかった。カメラを向けられた彼女は彼女でアバヤをかぶっている。揃っていかにもイスラム教徒という格好に身を包んでいたカップルだった。

アバヤを着た彼女は眼鏡のところしか外に出していない。イスラム教徒ではない僕にはもう個体識別するのは難しい。相手の男にはどうなのだろう。時間が経ってこの時撮った写真を見た時に、この若い男はこの女性が誰だったのか、きちんと覚えているものなのだろうか。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタにあるファタヒラ広場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11521

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月10日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ