二台のカメラ

二台のカメラを携えた女性

女性は二台のカメラを携えていた

東京にある明治神宮で撮影。

長閑な雰囲気に包まれた御苑を後にして、拝殿のある方へとやって来た。ここは打って変わって大勢の参拝客で賑わっている。人びとは立派な門をくぐり抜けると、吸い寄せられるかのように拝殿へと向かっていく。もちろん、日本人の姿もあるけれど外国からの観光客の姿も多い。

中でも近年特に目立つようになってきたのはアジア諸国からの旅行者の姿だ。神社は日本でしか見られない。かつては、日本の領土だった場所にはあちらこちらに神社が建立されたけれども、今ではどれも破壊されてしまったりして現存しているものはほとんどない。例えば、台北にある圓山大飯店という高級ホテルの敷地は日本統治時代には台湾神宮だった場所だ。神道は日本以外では根付かなかった結果、

今では日本以外では神社を目にする機会がないから外国人旅行者には異国情緒溢れた場所に映るのだろう。烏帽子を被った神職が歩いていたりしたら、それはもう異文化そのものに違いない。写真の女性も感銘を受けているようだ。二台のカメラを携えた女性はひっきりなしにシャッターを切っていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

明治神宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

10747

撮影年月

2018年3月

投稿日

2018年09月29日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF135MM F2L USM

アーカイブ