窓から長い布がぶら下がっていた

旧市街の狭くて薄暗い路地
ネパールのバクタプルにある旧市街で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

世界遺産にも指定されている旧市街には写真のような細くて薄暗い路地がいっぱいだ。両脇の建物は煉瓦で作られていて、路面にも煉瓦が引き詰められていた。いったいどれだけの煉瓦が使用されているのかは、誰にも分からない。さらには両脇を高い建物に挟まれた路地は昼間でも薄暗く、その雰囲気は歴史ある旧市街に相応しかった。

路地の先では女性が窓から長い布を出していた。その布はサリーのように見えた。洗濯して干していたのだろう。

ENGLISH
2013年4月 町角 ネパール
路地 バクタプル 薄暗さ 旧市街

バクタプルってどこ?

PHOTO DATA

No

7436

撮影年月

2009年6月

投稿日

2013年04月17日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

バクタプル / ネパール

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

バクタプルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ