乾濠に浮かぶボート

乾濠のボート
東京の皇居東御苑で撮影 オザワテツ

皇居の堀の上にボートが浮かんでいた

天守閣のすぐ背後にある北桔橋門を出ると、右には平川濠が左には乾濠が見える。写真はその乾濠だ。乾は方角で北西を意味する。天守閣の北西にあるので、その名が付いたようだ。

江戸城が築城される前は乾濠は天然の川だったらしい。千鳥ヶ淵から続く自然の谷戸地形を利用し、水をせき止めて濠にしたのだという。そして、その谷に屹立した石垣を築いたのだ。日比谷がかつては入江だったことからも分かるように、江戸城は思いの外海の近くに建っていたのだ。時は流れて、乾濠は今では憩いの場所になっている。穏やかな濠の上を二艘のボートが浮かんでいるのが見えた。

EN

東御苑ってどこ?

PHOTO DATA

No

10312

撮影年月

2017年6月

投稿日

2017年10月14日

撮影場所

皇居東御苑 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ