井の頭池の一画で無表情のスワンボートがたむろしていた

井の頭池に浮かぶスワンボート
井の頭池に浮かぶスワンボート
関連する写真

なぜ足漕ぎボートには白鳥の形を模したものが多いのだろう。白鳥以外であっても問題ないと思うのだけれど、日本で足漕ぎボートといえば白鳥を模したものが一大勢力を成しているのは不思議だ。もともとは子どもも親しめるデザインとして白鳥が採用されたらしいのだけれど、子どもが好きなのは白鳥ばかりではないだろう。ピカチュウやアンパンマンの方が白鳥よりも人気があるに違いない。もっともそういうキャラクターものは著作権が絡んで実現が難しいのかもしれないし、優雅に水面を移動しつつも乗っている人はペダルを必死で漕がねばならないところが本物の白鳥に似ていると思ったのかもしれない。とはいえ多様性が声高に叫ばれる昨今、オオタカとかハヤブサとか他の鳥を模した足漕ぎボートがあってもいいと思う。

井の頭公園の真ん中でなみなみと水を湛えている井の頭池でも、やはりスワンボートの勢力を確認できた。池の畔を歩いていると何隻ものスワンボートがプカプカと浮かんでいるのが見えるのだ。無表情で浮かぶスワンボートが池の一画で群れをなしているのを見ると、コンビニの前で不必要にたむろしている不良のようにも見えてちょっと近寄りたくない雰囲気だった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年7月 町角 東京
ボート 三鷹 公園 白鳥

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12323

撮影年月

2022年5月

投稿日

2022年07月11日

撮影場所

井の頭公園 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

井の頭公園ってどこ?

PREV & NEXT