石垣に手をつく男

石垣に手をつく男

男が石垣に手をついていた

東京の東御苑で撮影。

天守閣自体は無くても、その土台は巨大だった。石垣に使われている石はどれもこれも大きい。そして、綺麗に積まれている。角に至っては、揺らやかな弧を描くように積まれている。これは侵入者が石垣を登りづらくするためなのだろう。いずれにしても、これだけの石をコンクリートも使わずに人力だけで積むというのは大変は作業だし、相当の技術が必要だったのだと思う。ここには往時の技術の粋が結集されているに違いない。

石垣の横に男が立っているのが見えた。手を石垣についている。その男の大きさと比べると、石垣に使われている石がどれもこれも大きくて、ひとりでは到底持ち上げられるような代物ではないことがよく分からる。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10309
撮影年月
2017年6月
投稿日
2017年10月12日
撮影地
皇居東御苑 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年10月 人々 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP