路地にあった八百屋の男は、プテという大きな豆を手にして眺めていた

大きなえんどう豆を持つ男
大きなえんどう豆のようなプテを持つ男
似たような写真

ジャカルタにあるグロドック地区の薄暗い路地を進んでいった。地元の人が買い物に訪れるようなローカル市場になっている路地を中には八百屋もあって、前に男がどっしりと腰掛けていた。売り物のえんどう豆のようばものを手に抱えている。豆のひとつひとつがとても大きいこの豆はプテというものだ。ファタヒラ広場の北にある、やはり市場になっていた路地で見かけた豆と同じ種類のものだ。男はさやの先に伸びた枝のようになった部分をつかみ、プテの出来を確かめるかのように眺めていた。

えんどう豆のようなプテを見ていると、イギリスの童話である「ジャックと豆の木」に出てくる豆はこのように大きかったのではないかと思ってしまう。成長すると、ジャックが登っていけるくらい太い幹になる豆はこれくらい大きいに違いない。

ひょっとしたら、この八百屋の男は巨木に成長する豆を売っていくばくかのお金を手に入れるべきなのか、それとも自分の家に植えて自分が雲の上にある巨人の城へと登っていくことの方がいいのか思案していたかもしれない。巨人の城へとたどり着ければ、金貨と銀貨の入った袋を手に入れられるかもしれないのだから、そこは悩んでも致し方のない状況だ。

 でコメントする
ENGLISH
2020年6月 インドネシア 人びと
八百屋 ジャカルタ 男性 野菜

PHOTO DATA

No

11550

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月02日

更新日

2023年09月04日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT