仮囲いに描かれたアートワーク

仮囲いに描かれたアートワーク
東京の渋谷で撮影 オザワテツ

工事のための仮囲いにはAKIRAをモチーフにしたアートワークが描かれていた

渋谷の公園通りを上がっていくと、渋谷パルコへと行き着く。訪れた時は建て直しの真っ最中で敷地は仮囲いで覆われていた。大抵の場合、建設現場の仮囲いというとまっさらで何も書かれてはいない。でも、渋谷パルコのはちょっと違った。まっさらな壁いっぱいにアートワークが描かれているのだった。このアートワークはコラージュ・アーティストの河村康輔と漫画家である大友克洋のコラボレーションだという。僕が立ち止まった正面にある壁にも大友克洋の代表作であるAKIRAの一場面と思われるアート作品が描かれていた。

1982年に連載を開始したAKIRAは示唆深い。翌年にオリンピックを開催することになっている2019年の東京を舞台にしている。まさに今年の東京だ。まるで未来を予知していたかのようになっている。でも、幸運にも現実世界では核戦争は起きておらず、東京もネオ東京にはなっていなくて、東京のままだ。良くも悪くも40年前に想像していた未来は、現実よりもずっと未来だったのかも知れない。

EN

渋谷パルコってどこ?

PHOTO DATA

No

11316

撮影年月

2019年8月

投稿日

2019年12月10日

撮影場所

渋谷 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ