青年はダッバーと呼ばれる弁当箱を片手に線路の上を歩いていた

弁当箱を片手に線路の上を歩く青年
ミャンマーのタニンにあるオークポースー駅で撮影
関連する写真

タニンの中心部に戻ろうと思いながらも、来た時と同じ道を辿っても面白くないとも思っていた。オークポースー駅へやって来たときとは違うルートで戻ることを模索していた僕は、とりあえず線路の上を歩くことにした。線路はどこまでも真っ直ぐに続いている。線路は続くよ、どこまでも。それにこの線路を列車が走るのはそれほど頻繁ではない。線路の上を歩いても危なくはないのだ。

線路の上を歩いていると、僕以外にも同じように線路の上を歩いている人は大勢いる。後ろを歩いていた青年もそのひとりだ。立ち止まると、青年は徐々に僕に近づいてくる。白いワイシャツを着て、ジーンズを穿いて、顔にタナカを塗った青年はのんびり線路の上を僕に近づいてくる。

よく見てみると、青年は片手に弁当箱を持って楽しそうに歩いていた。金属製の弁当箱は3段重ねになっていて、インドでよく見かけるダッバーと呼ばれる弁当箱にそっくりだ。ダッバのように何層かに分かれている容器は、主食であるお米と一緒にカレーのような副菜を食べるのが一般的な食事スタイルであるミャンマーでも、一般的なランチボックスなのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2019年6月 ミャンマー 人びと
ジーンズ 弁当箱 線路 タナカ タニン 青年
タニンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11037

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月03日

更新日

2021年08月12日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

オークポースー駅ってどこ?

PREV & NEXT