荘厳な建物の入り口にいる女性

入り口に腰掛ける女

女性が入り口に腰掛けているのが見えた

ラオスのルアンパバーンにある国立博物館で撮影。

荘厳な装飾のされた写真の建物は、かつての王宮の一部だ。フランス統治時代にシーサワーンウォン王とその家族のために建立されたものらしい。博物館になった今では誰でも中に入ることが出来る。

そんな建物の入り口に女性が腰掛けていた。博物館の係員だ。勤務時間中だと思うのだけれど、女性は椅子に腰掛けながら寛いでいる。そして、編み物をするのに夢中になっていた。どうやら女性は快適な職場環境を確保できたようだ。羨ましい限りだ。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
7302
撮影年月
2008年1月
投稿日
2013年03月03日
撮影地
ルアンパバーン / ラオス
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2013年3月 ラオス 人々
使用カメラ
CANON EOS 1V
レンズ
EF85MM F1.2L II USM
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP