モン・リンマヤー

たこ焼きのようなモン・リンマヤー
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

屋台ではたこ焼きのようなモン・リンマヤーが売られていた

ヤンゴン中心部で歩いていた道路は賑わっていて、多くの屋台が道の端に並んでいた。食堂と同じように料理を出す屋台もあれば、ちょっとした軽食やお菓子を売っている屋台も出ている。並んだ屋台を眺めながら歩いていると、沢山の窪みのある鉄板をパラソルの下に置いている屋台を見つけた。上では米粉で作られた半球の団子状のものが焼かれている。これはモン・リンマヤーというお菓子だ。「モン」はお菓子、「リンマヤー」は夫婦という意味らしい。

このお菓子はミャンマーではかなりポピュラーで、町中を散策しているとよく売られてるのを見かける。そして、見るたびに日本のたこ焼きにそっくりだと思ってしまうのだった。鉄板の形もそっくりだし、竹串でグリグリする作り方も似ている。あまりにも似ているので、日本のたこ焼きとミャンマーのモン・リンマヤーは起源が同じなのでなかろうかと勘ぐってしまう。でも、両者には決定的な違いがひとつある。たこ焼きがその名が示す通り、中に蛸を入れて焼くのが一般的であるのに対し、ミャンマーのモン・リンマヤーは具材に蛸を使うことはないとうことだ。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11173

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年09月01日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ