男の前に包丁が二本

肉屋と包丁

男はどっかりと腰を下ろしていた

インドのマルダで撮影。

道端にあった小屋の中では、ルンギを穿いた男がどっしりと椅子に腰掛けていた。男の前には大きな切り株の俎板があって、その上には二本の長い包丁が置いてある。男は肉屋で、この粗末な小屋は男のお店だった。

でも、店頭に肉は一切並んでいない。おそらくは、もう全て売り切ってしまったのだろう。男は寛いだ状態で、切るべきものが来た時にはいつでも仕事に取り掛かれそうだ。商売道具の包丁も俎板の上に置いてあるし、準備は万端だ。備えあれば憂い無し。男はその時が来るのを静かに待っているのだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

マルダってどこ?

PHOTO DATA

No

6341

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年04月13日

撮影場所

マルダ / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

アーカイブ