男は肉を串を刺していた

ケバブを作る男

インドのコルカタで撮影

関連する写真

歩道には鮮やかな水色に塗られた椅子が置かれていて、タンクトップの男が腰掛けていた。男はそこで仕事している。店先でケバブの下拵えをしているのだった。ブロックに刻まれた肉が目の前のボウルの中に入っていて、男の左手には串が沢山握られている。そして、男は無言で肉を串に刺し続けているのだった。

肉を刺し終えた串は男の目に山積みになっている。みな赤く染められているケバブはちょっと辛そうだったけれど、同時に美味しそうだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年8月 インド 人びと
食べ物 ケバブ コルカタ 男性
コルカタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6710

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年08月14日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

スナップ写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

コルカタってどこ?

Prev & Next