笑うふたりの女性

笑う市場で働く女性たち
ミャンマーのタニンにあるミョーマ市場で撮影 オザワテツ

市場で働いていた女性たちが笑った

市場を歩き回っている間、片っ端から人に声を掛けて写真を撮らせてもらっていた。幸運にもここの市場の人はカメラを向けられることに躊躇しなかった。ほとんどの人は突然現れたカメラを持った外国人を好意的に受け入れてくれる。カメラに対する寛容具合は場所によってかなり異なるけれど、ここの人たちはみな寛容だ。なんか変な人がやって来たくらいにしか思っていないのだろう。

そのような中、なによりも感心したのは僕のカメラをキッカケにして働いている人の間に会話が生まれることだった。ひとつの場所に留まって写真を撮っていると、そのうち僕の存在なんてそっちのけで会話が流れ始める。写真のふたりの女性も僕のカメラを意識することなく同僚との会話を楽しんでいる。僕のことなんて、もう頭の片隅に追いやられているに違いない。

こうなってくると、もはや僕とカメラは用済みだ。ちょっといいことをしたような気分に浸りつつ、僕はこっそりと楽しげな雰囲気の場所から立ち去るのだった。

EN

タニン・ミョーマ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11014

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年05月16日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ