しゃがんだ女性が代々木八幡宮に張られた紐におみくじをくくりつけていた

おみくじをくくりつける女性
おみくじをくくりつける女性
関連する写真

物語が進んでいってどのようなエンディングを迎えるのだろうと期待が膨らんだときに夢オチと知ってがっかりしてしまうのは、夢オチがなんでもありだからだろう。今まで紡んできたストーリーの流れを絶ち、強引であっても話をつけてしまう。それが夢オチだ。

夢オチと同じく夢を飛び道具にしているものに夢枕がある。寝ていると枕元に誰かが立って、良いことや解決策を教えてくれるという何とも都合のいいあれだ。夢枕に立つものに決まりはなく、物理的に遠くにいる人であってもいいし、もう死んでしまった過去の人でもいいし、場合によっては人間でなくても構わない。使い勝手のいい設定になっている。

僕の中では夢オチも夢枕も同じようにフィクションなのだけれど、夢オチがあまり褒められたものではないのに対し、夢枕は世の中にあるちょっとした怪異くらいに思われているようで、ちょくちょく顔を覗かせる。昭憲皇太后の夢枕に坂本龍馬が立ったという逸話もあるし、エジプトのファラオ・トトメス4世の夢枕にはスフィンクスが現れたという。この日に訪れた代々木八幡宮も、縁起によると鎌倉の八幡大神が夢枕に立ち、託宣を受ける夢を見た人間によって建立されたと伝えられている。同じフォクションであっても、夢枕で教えてもらったことが現実世界に影響を与えるのに対し、夢オチは現実世界に一切影響を与えずフィクションの世界で完結してしまうから違うのだろう。現に八幡大神が夢枕に立ったがゆえに建立された代々木八幡宮は、その結果800年もここに鎮座し続けている。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年8月 人びと 東京
おみくじ 神社 代々木

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12346

撮影年月

2022年5月

投稿日

2022年08月09日

更新日

2022年08月11日

撮影場所

代々木 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

代々木八幡宮ってどこ?

PREV & NEXT