列車と並行して走るバイク

列車と並行して走るバイク
インドネシアのカラワン県で撮影 オザワテツ

バイクが線路脇の道を走っていた

列車は田園地帯の中を走っていた。車窓の外には畑が広がっていた。何を栽培している畑のかは分からなかった。もっとも畑には雑草が生えてきているように見えるので、何も栽培していない休耕地なのかもしれない。

畑はずっと向こうの方まで続いていて、遠くには高い山がそびえているのが見えた。この山はおそらくタンクバンプラフという活火山だ。標高は2000メートル程度だけれど、頂上付近に雲を頂いているとずっと標高の高い山に見える。記録によると、結構頻繁に噴火してるにも関わらず、ここは火口の見学もできる火山だ。見学している最中に噴火したらどうするのだろうと思うけれど、火口の見学は人気があるらしい。

僕が特急列車に乗って向かっていたのはタンクバンプラフ山ではなかった。もっと遠いところにあるチルボンという町だった。地図を見るとチルボンの町まではまだまだだ。ぼんやりと車窓から線路に並行するように走る道を眺めていた。すると、一台のバイクが走っているのが見えた。

EN

カワラン県ってどこ?

PHOTO DATA

No

11770

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年12月25日

撮影場所

カラワン県 / インドネシア

ジャンル

風景写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF