繁華街を歩く幼い比丘尼たち

歩道を歩く幼い比丘尼たち
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

幼い比丘尼が繁華街の歩道を歩いていた

横道から抜け出ると、大勢の人が歩道を歩いていた。大通りは賑わっていた。この辺りはヤンゴンの中心部で繁華街だ。僕は歩道の脇に立ち止まって、何をする訳でもなく歩道を行き来する人々を眺めていた。そうこうしているうちに、視界の中に鮮やかなピンクの服を纏った女の子の集団が現れた。幼い比丘尼たちだった。仏教徒が多いミャンマーの主流はいわゆる上座部仏教で、男の子も女の子も同じように出家するのだ。そして、出家した女の子は可愛らしいピンク色の袈裟を纏うことになるのだ。

さっき歩いていた大通りでも幼い比丘尼たちの集団を見かけたので、托鉢の時間なのだろう。この女の子たちも托鉢の最中のようだ。托鉢のために繁華街を歩くのも、出家した女の子たちにとっては修行の一環だ。だからだろうか。並んで歩く女の子たちの表情は楽しそうには見えなかった。本音のところは何も縛りのない状態で繁華街を歩く回りたいのかもしれない。いくら托鉢によって徳が積めるとしても、歩き回るのを強制されてしまったら、もうそれは楽しいことではなくなってしまうのだ。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11178

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年09月04日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ