沢山の金盥と男

金盥を売り歩く男
バングラデシュのダッカで撮影 オザワテツ

ダッカの路地に立つ男は金盥の行商人だった

通路の入口に立って奥の方に目を向けると、男が立っているのが見えた。横には山積みになった金盥が置かれている。男はダッカの住宅街で金盥の訪問販売をしているようだ。そして、まさにとある家の扉を開けようとしているところだった。

僕が幼い頃には、東京にも訪問販売をしている人が結構いたような気がする。でも、今ではすっかりいなくなってしまった。通信販売とネット販売に取って代わられてしまったのだろう。ダッカの町も同じ道をたどるに違いない。この男のように沢山の商品を担いで売り歩くようなスタイルの営業スタイルは、そのうちに消え去ってしまうことだろう。

そう考えると、ちょっと感傷的になった。何も手伝うことは出来ないけれど、男の商売が上手くいくといいなと願っていた。

EN

ダッカってどこ?

PHOTO DATA

No

8413

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年03月18日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ