鷹と歩いていた男

鷹と一緒に歩いていた男
バングラデシュのマイメンシンで撮影 オザワテツ

男は鷹と一緒にマイメンシンの町を歩いていた

口ひげを生やした男が僕の前で偉そうに胸を張って立ちはだかった。僕よりも背が高い。だから自然と見下ろすような形になってしまうのだけれど、それだけが理由ではなかった。男の右手には、鷹のような鳥が止まっている。鷹の貫禄も男が威張っている一因のようだ。

状況から判断するに、この鷹は男のペットなのだろう。でも、鷹のような鳥類を散歩させる必要などないような気がしてならない。単に珍しいペットを周囲の人に見せびらかすために連れ回しているだけなのだろう。鷹を見た多くの人が驚く姿を見て悦に入っているに違いない。

EN

マイメンシンってどこ?

PHOTO DATA

No

8549

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年05月25日

撮影場所

マイメンシン / バングラデシュ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM