車内でダラダラする乗客

ダラダラと出発時間が来るのを待っていた乗客
ミャンマーのヤンゴン環状線にあるインセイン駅で撮影 オザワテツ

多くの人がダラダラと出発するのを待っていた

駅員に尋ねると、この列車が僕の目的地に向かう列車のようだ。確信が持てないのは、そのやりとりが身振り手振りで行われたからだ。僕はビルマ語ができないし、駅員は日本語も英語もできない。でも、この時駅に停車していたのはこの車両だけだったので多分そうなのだろう。

車両の中に入ると、そこは駅全体を覆っていた気怠さが既に充満していた。乗り込んだ乗客は両端の座席の家で思い思いの姿勢を取りながら出発時間を待っている。個人的な見解だけれど、強い日差しの南国には勤勉さは似つかわしくないと思う。と同時に、照りつける灼熱の太陽の下で勤勉に働くのはかなり難儀とも思う。シンガポールを発展させた初代首相のリー・クアンユーは、20世紀最大の発明はエアコンだと言っているくらいだ。エアコンが無ければ、シンガポールのような南国で人びとが勤勉に働くなんて難しかったと考えているのだ。

翻って、ここは21世紀のヤンゴン。エアコンのない車内では人びとはダラダラと時間をやり過ごしていた。でも、旅をするなら、勤勉さを売りにする国よりものどかさが溢れかえっている国の方が楽しいと思う。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

インセイン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10908

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月22日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ