線路脇に散乱していたビニール袋

線路脇に散乱していたビニール袋

工事現場には作業員たちが立っていた

ミャンマーのヤンゴンを走るヤンゴン環状線の中で撮影。

引き続き列車はのんびりと走っていた。日本製の中古車両は第二の人生を暖かい南国でゆったりと過ごしているのだった。日本を走っていた時とは打って変わって、ここでは開放的だ。走行中であっても、窓も扉もすべて開いたまま走っている。僕は窓から頭を外に思い切り出して風を感じていた。そうすると心地よいと感じるのは僕だけではないようで、列車の後方には同じように頭を突き出している男の姿が見えた。線路の脇にはのどかな光景が広がっていた。

そうこうしていると、列車は工事現場へと差し掛かる。線路脇に何人もの作業員たちが立っているのが見える。みな仕事の手を止めて、この列車が走り去るのをやり過ごしているようだ。周囲にはビニール袋が散乱している。沢山あるのだけれど、これは一体何に使うのだろうか。いくらゆっくり走っているとはいえ、列車は前へと進んでいく。考えているうちに、ビニール袋たちはあっという間に後方へと去っていってしまった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10901

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月17日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ