運転席の男

前方の扉から見える運転手
前方の扉から運転手の姿が見えた

ミャンマーのヤンゴン環状線にあるインセイン駅で撮影。

駅に戻ってくると、新たに列車が停車しているのが見えた。おそらくはこれが僕の待っていた列車なのだろう。そう思って、先頭車の前で行き先を確認人しようとすると、そこには日本語で「団体」と書かれていた。どこに向かう列車なのかは分からない。この車両も日本から輸入した中古車両だったのだ。行き先は分からなかったけれど、その代りに開いている扉の向こうには運転手の姿が見えた。僕がカメラを構えると、運転手の男はちょっと笑ってくれた。日本の運転手に比べると、随分とラフな格好だ。

客車の扉と同じように、写真に写っている先頭車両の扉もまた走行中も開いたままなのがミャンマー流だ。日本から輸入した際にはエアコンが付いていた車両も、ミャンマーを走るうちに使われなくなっていったのだという。そのため、この扉も閉じてしまうと運転席が途轍もない暑さになってしまうのだろう。エアコン設備が使われなくなった理由は定かではないが、どうやら一度壊れたら修理する技術がミャンマー国鉄にはないというのが実情らしい。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

インセイン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10907

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月21日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ