干物の魚を売る男の子

干物を売る男の子

男の子は干物を売るお店の店番をしていた

タイのマハーチャイで撮影。

乗り込んだフェリーはあっという間に対岸に着いた。地元の人に混じってそそくさとフェリー乗り場から外に出ると、僕は目指している駅を探したのだった。でも、見渡しても駅らしき建物は見当たらない。地元の人に訊くと、駅はフェリー乗り場近くから続く商店街の先にあるらしい。僕は言われるままに商店街の中へと入っていく。道の両脇には生鮮食品を売るお店が立ち並んでいた。店頭に並べられている商品を眺めつつ、商店街をどんどん進んでいく。

そのうちに干物の魚を売っているお店の前を通りかかった。店先には丸くて大きい笊のようなものが置かれていて、上には干物の魚が並べられている。おそらくはプラーニンという魚だ。笊の横には男の子が腰を下ろしていた。おそらくはお店の子なのだろう。店番をしているようだった。カメラを向けると、楽しそうにピースサインをしてくれた。市場に行くと、このような魚の干物を必ずとって良いほど見掛ける。それくらいこの辺りでは一般的なもののようだ。でも、屋台で食べる時にこの魚が出てきたことはないような気がする。家庭料理では一般的な食材なのかもしれない。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10666
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年07月27日
撮影地
マハーチャイ / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年7月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP