路地の男の子と女の子

玄関先にいた女の子と男の子
ミャンマーのタニンで撮影 オザワテツ

女の子と男の子が玄関先にいた

池に架かる小さな木製の橋を渡って集落の中へと足を踏み入れた。質素な家々が建ち並んでいて、間を路地が走っている。おぼろげな記憶によると、8年前にタニンの町を訪れた時にはこの場所に家々が立っていなかったような気がする。タニンの町も発展するにつれ人口が増えているのかもしれない。その記憶が正しいのかどうかはさておき、この集落にも漂っているのは長閑な空気だった。住民たちはのんびりと過ごしている。歩いていると、のんびりしている人々と行き合うのだが、カメラを持った僕を見ても大袈裟なリアクションを取ったりはしない。

路地で行き合った写真の女の子と男の子もそうだった。僕の姿を見つけても騒ぎ立てたりはしなかった。女の子は玄関先に腰掛けていて、男の子は女の子の前に立ってちょうど女の子に何かを見せているところだった。見知らぬ外国人の相手をしている場合ではないようだ。でも、幸か不幸か女の子は男の子が見せてきたものを気に入らなかったようで、男の子につれない視線を向けている。男の子は女の子の気を惹くのに失敗しているように見える。頑張れ、男の子!

EN

タニンってどこ?

PHOTO DATA

No

11039

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月04日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ