茶行の店主が試飲するための茶を淹れていた

中国茶を淹れる男
台湾の嘉義で撮影
関連する写真

嘉義の町は阿里山の麓にある。阿里山は茶葉の産地だから、この町には多くの茶を売る店が犇めいているのだと勝手に思っていたけれど、そうではなかった。それは僕の思い違いで、町を歩いていても茶を売る店を見かけることはほとんどなかった。台北の方がずっと多いような気がする。

そのような状況の中で、ようやく一軒のお店を見つけた。そそくさと中に入っていくと、店主は僕のために茶を淹れてくれる。台湾では茶の試飲をさせてくれるお店が多い。ここもそのようだ。店主は茶芸の作法に従って中国茶を淹れてくれた。

店主の言葉に甘えて、お店で売られている様々な茶を飲むと、僕のお腹はあっという間にタポタポになってしまった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年5月 人びと 台湾
嘉義 深鍋

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10148

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年05月20日

更新日

2020年04月11日

撮影場所

嘉義 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

嘉義ってどこ?

PREV & NEXT