ライトアップされた仏像は目を閉じて瞑想しているかのようだった

耳たぶの長い仏像の横顔

台湾の嘉義にある故宮博物院南部院区で撮影

関連する写真

嘉義へやって来たのは、ここに故宮博物院の別館である南院があるからだった。故宮博物院南部院区は2015年に開館したばかりだけれど、台北にある本院と同じように国民党が大陸から持ってきた歴代中国王朝の財宝を展示している。

広々とした館内に展示されている財宝を見て回っていると、大きな仏像の顔があった。いつの時代のものかは分からない。顔だけが展示されているところを見ると顔から下は消失してしまっているのだろう。

ライトで照らされていた仏像は穏やかな顔で目を瞑っていた。ひょっとしたら、どこからともなくお経が聞こえてくるのを待っているのかもしれない。でも残念ながらここは寺院ではなくて博物館だ。仏像の周囲に集まってくるのは、僕のような物見遊山の人間ばかりで、瞑想している仏像に好奇の眼差しを向けるような輩ばかりだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年5月 静物 台湾
仏像 嘉義 博物館・美術館 横顔

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10143

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年05月15日

更新日

2021年10月27日

撮影場所

嘉義 / 台湾

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

故宮博物院南部院区ってどこ?

Prev & Next