家の前で寛ぐ男

テーブルの上に足を投げ出した男

男は脚をテーブルの上に投げ出して寛いでいた

台湾の嘉義で撮影。蒸し暑い午後だった。

汗かきな僕は汗だくになりながら町を歩いていた。僕にとって、このような天候の中を歩くのは、まるでサウナに入るようなものだ。きっと健康にも良いに違いない。そんな僕とは対照的に、地元の人はこのような気候に慣れ切っているのかと思いきや、実はそうでもない。中にはやはり暑いと思う人もいるようで、道端で涼を取っている人も見かける。エアコンのない屋内にいるのは、地元の人にとっても辛いのだろう。

写真の男も家の外で涼を取っていたひとりだ。家の前に出した椅子に腰を下ろして、足をテーブルの上に投げ出している。この場所は、男の個人的な憩いの場になっているようだった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10150
撮影年月
2016年9月
投稿日
2017年05月22日
撮影地
嘉義 / 台湾
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年5月 人々 台湾
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP