煙草を咥えた肉屋

煙草を咥えた肉屋
イランのラシュトで撮影 オザワテツ

肉屋の男は煙草を吸いながら働いていた

口髭を蓄えた男は肉屋で、自分の店で働いていた。店内には多くの肉の塊がぶら下がっている。でも、残念ながら僕の好きな豚肉はない。ここはイスラム教が国教の国だ。ここでは、トロトロの角煮を食べることは出来ないのだ。それはそうと、肉屋の男は陽気で、なおかつ暇そうだった。カメラのレンズが自分に向けられていることに気がつくと、煙草をくわえたまま急いで肉を切る振りをしてくれた。そして、笑っている。

よっく見てみると、壁の上の方にはハタミ大統領のポスターが貼ってあった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ラシュトってどこ?

PHOTO DATA

No

122

撮影年月

2000年11月

投稿日

2005年07月21日

撮影場所

ラシュト / イラン

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS KISS

アーカイブ