男の子はニコッと笑って親指を立てた

親指を立てる男の子
インドのダウラタバードで撮影
関連する写真

男の子がお父さんと一緒に道端でダラダラと時をやり過ごしていた。この辺りに住んでいる人の労働時間は日本と比べて短いに違いない。町を歩いていると、平日の昼間でも道端でリラックスしている人を大勢見かける。職場も家からそれほど離れていないのだろう。子供を構ってあげる時間が沢山あるのだ。

先進国で働いている人ほど稼ぐことは出来なくとも、自分の子供と一緒に過ごせる時間が多いのは良いことではないだろうか。それはお金には換算できない。まあ、本当のところは分からないのだけれど、カメラを向けると男の子はニッコリ笑って親指を立ててくれた。そうなんだよ、と言われているような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年9月 インド 人びと
男の子 ダウラタバード にこやかな笑顔 サムアップ
ダウラタバードで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9459

撮影年月

2010年9月

投稿日

2015年09月01日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ダウラタバード / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ダウラタバードってどこ?

PREV & NEXT