路傍でダラダラしていた男

ジャカルタの道端でダラダラしていた男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

住宅街の道端でダラダラしていた男はカメラを向けられてまんざらでもないようだった

ジャカルタで住宅街の中を歩いていると、思いの外地元の人と行き合う。周囲には観光名所らしきものはおろか、ショッピングモールも無く、ただただ住宅が広がっているだけなのに地元の人と行き合うのだ。人通りが多い訳でもないのだけれど、道端にいる人たちとやたら視線が合うのは何の変哲もない場所を歩いている外国人が珍しいからだろう。

この写真の男も住宅街の道端に腰を下ろしていたひとりだ。中腰になってカメラを男に向けると、男はちょっと下を見るようにしてカメラを見据えてくれた。そして、親指を立てた。突然現れた異邦人にカメラを向けられたことにまんざらでもない様子だった。

ジャカルタに限らず、外国人があまりいないような場所を歩いていると地元の人の注目を浴びることは多い。たとえ町自体が観光地であっても、観光客のあまりいない場所というのはあって、そのような場所を歩いていると自然と目立つのだ。

昔エジプトのカイロを訪れた時には、知らず知らずのうちに消火器ばかりを扱う店が並ぶ場所を歩いていた。カイロなんて世界有数の観光地でもあるけれど、消火器を売っているような場所が観光地になっている訳もなく、迷い込んだ僕はとても目立っていた。そして、色々な人から声をかけられたものだ。

消火器買いに来たのか?

なんて聞かれてもそんな訳無いだろうと応じるばかりだったけれど。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11643

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月20日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ