自転車タクシーに乗った男が親指を立てた

自転車タクシーの座席で親指を立てた男
ミャンマーのヤンゴンで撮影
関連する写真

道を歩いていると、向こうからサイカーと呼ばれる自転車タクシーがやって来て僕とすれ違った。車夫は赤いロンジーを穿いていて、座席に腰掛けた乗客は赤いTシャツを着ていた。通り過ぎていったサイカーを振り返って見ると、男のTシャツにはリーバイスのロゴがプリントされている。それはそうと、乗客の男は近くで電気製品を買ったばかりで、家に向かって急いでいる途中のようだ。背後には未開封の箱が積まれているのが見える。

カメラを向けると、男はニコッと笑って親指を立ててくれる。実に楽しそうな笑顔だった。それはそうだろう。新しい電気製品を買ったばかりなのだ。今すぐにでも使い始めてみたい気持ちでいっぱいに違いない。ワクワクしているのが伝わってくるようだ。乗客の男が楽しそうにしているのはとても共感できる。でも、なぜだかペダルを漕いでいる車夫までも楽しそうな顔をしているのは良く分からない。ひょっとしたら、男の楽しさが伝染したのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2019年1月 ミャンマー 人びと
サイクルリクシャー 笑顔 サムアップ ヤンゴン
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10863

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月17日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ヤンゴンってどこ?

PREV & NEXT