ピースサインをする幼い男の子

ジャカルタで会ったピースサインをした男の子
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

幼い男の子はボールを小脇に抱えながら、物怖じすることなくピースサインを繰り出した

住宅街の中で出会った男の子にカメラを向けると、ピースサインが返ってきた。ここジャカルタでも日本や韓国、台湾と同じようにピースサインは写真撮影時の一般的なポーズになっている。その名称とは裏腹に、ピースサインを繰り出す人がピースにもヴィクトリーにも関心がないことも同じだ。この男の子だって、平和や勝利を表すためにやっている訳ではないだろう。

ピースサインの歴史はよく分からない。14世紀に起きた百年戦争の時にイングランド軍の弓兵が、敵であるフランス軍を挑発するサインとして使用したのが発祥であるとする説もあるけれど、どうやらこれは信憑性が低いようだ。まあ、手の指は5本しかないので世界のいたるところで似たような仕草が自然発生したのではなかろうか。

毎日飽きるくらいに目にしている5本しかない指の、2本を使って仕草をするとすると、そのパターンはわずか20パターンしかない。その中ですわりの良いものとなるともっと少ないだろう。そうなると、同じような仕草を全く違う場所でする人がいても不思議ではないような気がするけれど、どうだろう。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11639

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月16日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ