ビルの合間の長閑な道

コルカタの長閑な路地
インドのコルカタで撮影 オザワテツ

人びとが自動車が入ってこられない細い道でのんびりとしていた

ちょっと疲れ果てたビルの合間に細い道が走っていた。自動車が入ってこられないような細い路地だった。自動車が走っていない代わりに、大勢の人が闊歩している。

人びとが歩いている路地に建っていたビルには小さなお店が軒を連ねている。壁にはアラビア語で書かれていると思われるビラが貼ってあった。ここはイスラム教徒の多い地区なのかも。インドにもイスラム教徒は多い。人口の約13%がイスラム教徒と聞くとあまり多くはないような印象を受けてしまうけれど、絶対数で言うと、1億8000万人を超える。日本の総人口よりも多いのだ。

路地の先を見ていると、道の中ほどに立っている男の子が僕に気がついたようで、こちらのことをじっと見ていた。

EN

コルカタってどこ?

PHOTO DATA

No

6909

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年10月19日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ