路地の先を歩く小太りの女性

道を歩く女

細い道に佇んでいた

岡山の津山で撮影。

津山には古い町並みが残っていると聞いたので訪れてみた。そして、昔ながら家々が建ち並ぶ道を歩き回ったのだった。古い町並みが保存されている区画はそれほど広くなく、物足りなかったものの、確かに古い町並みは残っていた。路面が舗装されていないままで、電柱の立っていなければ、古い家屋の挟まれた細い道に立って眺めていると、昔にタイムスリップしたと思ってしまうかもしれない。

そんな道に佇んでいた。すると壁に挟まれた路地の先を小太りの女性が歩いているのが見えた。両脇の壁は古めかしい。左側に見える壁はなまこ壁だった。蔵だったのかもしれない。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
1250
撮影年月
2007年9月
投稿日
2007年12月07日
撮影地
津山 / 岡山
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2007年12月 町角 岡山
使用カメラ
CANON EOS 1V
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP