足を踏み入れたコルカタの路地は薄暗かった

コルカタの薄暗い路地
インドのコルカタで撮影
関連する写真

当て所なくコルカタの町を歩いているうちに迷い込んだ路地は、建物に挟まれていて薄暗かった。何人かの男たちが歩いているのが見える。大抵の場合、このような路地は賑やかなのだけれど、ここは静寂に包まれていた。ほとんどのお店が閉まっているようだ。路地の先には、イスラム風の名前が書かれた看板が出ているのが見えた。

インドと聞くと、みんなが牛肉を食さないヒンドゥー教徒のような気がするけれど、実際にはイスラム教徒も大勢いる。人口の約13%がイスラム教徒なんだという。たかが13%程度と侮ることなかれ。母数が多いから13%といっても、その数は1億8000万人にもなる。日本の総人口より多いイスラム教徒がいるのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年5月 町角 インド
路地 薄暗さ コルカタ 歩行者
コルカタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6424

撮影年月

2011年6月

投稿日

2012年05月10日

更新日

2020年11月30日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

コルカタってどこ?

PREV & NEXT