団子を焼く男

楽しそうに炭火で団子を焼く男
東京にある明治神宮で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

屋台では男が炭火で団子を焼いていた

拝殿でのお参りを終え、参道を歩いて原宿駅へと戻っていた。駅へと向かう参道は幅広い。でも、初詣の時期でもない限り、ここが参拝客で埋め尽くされることはない。その大きな参道は途中で二回直角に曲がっている。これは参道を真っ直ぐに作ってしまうと、参拝客が祀られている神様の正中を歩くことになってしまうのを防ぐためだ。そのため、神社では拝殿から真っ直ぐに参道が作られることはない。明治神宮のように分かりやすく直角に曲がっていなくても、拝殿の真正面を外して作られているのが普通なのだ。

参道の途中には休憩所が設けられていて、土産物を買ったり軽食を食べることができる。そして、そこに普段は出ていない屋台が出ていた。匂いにつられて近づいていくと、団子が焼かれている。男が串刺しになった団子を、炭の周囲に並べて焼いているのだった。軍手をはめた男はとても楽しそうに焼いていた。その楽しそうな笑顔は団子をより一層美味しそうに見せていた。

ENGLISH
2018年9月 人びと 東京
団子 食べ物の屋台 原宿 明治神宮 笑顔

明治神宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

10748

撮影年月

2018年3月

投稿日

2018年09月30日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF135MM F2L USM

原宿で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ