アーティゾン美術館の薄暗い展示室でじっとカメラを構える人がいた

アーティゾン美術館で写真を撮る人
アーティゾン美術館で撮影する人
関連する写真

最近ではSNSを通じた口コミの影響が馬鹿にできないくらい大きいのか、美術館でもフラッシュを焚いたり三脚を使わなければ写真撮影可能なところが多い。インスタグラムにカッコいい写真がアップされれば、集客が増えるという因果関係が認められているのかもしれない。京橋にあるアーティゾン美術館も写真撮影可能だった。

展示室を僕と同じようにカメラを抱えた人がチラホラと歩いている。面白く思うのは、カメラを持っていない人が展示されているどの作品に惹かれているのかは関心が湧かないのに、カメラを持った人がどの作品にレンズを向けているのかは気になること。ただ眺めているだけだと、どれくらい関心があるのか端からは不明だけれど、レンズを向けるというのは興味のトリガーが引かれた証拠なので分かりやすい。人によって興味を持つポイントが違うのが可視化されて面白いのだ。

照明を薄暗くした展示室に入ると、カメラを持った人がしゃがんで作品にレンズを向けていた。照明が落とされているのは作品が古いものだからだろう。今となっては、この展示室に何が展示されていたのかなんて覚えていない。僕にとってはそれくらいの印象しかない作品も、ふたりには何か訴えるものがあったのだろう。薄暗い中で腰を落として、ガラスの向こうにある作品にじっくりピントを合わせていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2021年12月 人びと 東京
カメラ 京橋 博物館・美術館 写真家 反射

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12108

撮影年月

2021年10月

投稿日

2021年12月02日

更新日

2022年08月24日

撮影場所

京橋 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

アーティゾン美術館ってどこ?

PREV & NEXT