長い列車がゆっくりとゴール駅に近付いていた

ゴール鉄道駅に入っていく列車
ゴール駅へ入ってく列車
似ている写真 撮影地

長い列車がゴール駅に向かってゆっくり進んでいた。列車の車窓を見るとすべて開いている。車内に冷房はなんてものは付いておらず、暑いからだろう。そもそも窓ガラスなんて最初から無いのかもしれない。車両の両端にある乗降口の扉も開いていた。

駅に近づいているから開いているのだろうと思った人は甘い。ここスリランカではインドミャンマーなどと同じく、たとえ走行中であっても乗降口の扉は閉まらない。走行中の列車のドアは閉まっている国からやってきた人間としては危なく感じてしまうけれど、そういう列車にしか乗ったことのない人にとっては開いているのが普通なのだ。みな当たり前だという顔で乗っていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2013年5月 スリランカ 乗り物
車窓 ゴール 線路 鉄道 列車
ゴールで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7557

撮影年月

2008年3月

投稿日

2013年05月27日

更新日

2022年03月08日

撮影場所

ゴール / スリランカ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ゴール駅ってどこ?

PREV & NEXT