ハヤム・ウルク通りのバス停

ハヤム・ウルク通り沿いのバス停
インドネシアのジャカルタにあるタマン・サリ地区で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ハヤム・ウルク通りのバス停はMRTの駅のような感じになっていた

タマン・サリ地区からハヤム・ウルク通りをずっと南下していくと、ジャカルタのシンボル的な存在であるモナスへとたどり着ける。地図でそれを確認していた僕は黙々とハヤム・ウルク通りをマナスに向かって歩いていた。1月とはいえ、ジャカルタの町は結構暑い。歩いていると、汗かきの僕はすぐに汗だくになってしまう。このまま歩いていくと、モナスに辿り着く頃には元気も水分も体から抜け落ちてしまうに違いない。そう案じた僕は途中からローカルバスに乗ってモナスへと向かうことにしたのだった。まあ、よくよく考えるとハヤム・ウルク通りには立派なバスレーンが設けられていて、バスに乗るのは至極簡単だ。

ハヤム・ウルク通りの中央には川が小川が流れていて、その両岸がバス専用レーンになっている。横断歩道なんてないから、歩道からは陸橋を渡ってバス停にいくのだ。そんなバス停は立派でMRTなどの駅に見劣りしないものだった。道端に標識が立っているだけのヤンゴンのバス停バンコクのバス停とはかなり趣が異なっている。料金もバスの中でなく、バス停で支払うようになっていて、電車のようだ。

プラットホームのような空間でバスが来るのを待つ。知らない町でローカルバスの乗るときは、どのバスに乗ればいいのか確信が持てないことが多いのだが、ジャカルタの中心部を走るバスは安心だ。ちゃんとバス停の中に係員の人がいて、聞けば丁寧に教えてくれるのだ。この写真でいうと、左に写っている男性二人が係の人だ。

ENGLISH
2020年7月 町角 インドネシア
バス停 ジャカルタ 乗客

ジャカルタにあるハヤム・ウルク通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11595

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月08日

更新日

2020年12月01日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ