梵鐘の向こうにお堂が見えた

鐘とお堂
神奈川の鎌倉にある建長寺で撮影
似たような写真

建長寺の創建は鎌倉時代の1253年まで遡る。800年くらい前の話だ。開基は時の権力者である鎌倉幕府第5代執権北条時頼なのだという。歴史のある境内には国宝に指定されているものも幾つかあるようだ。創建当時の建造物は残っていないくとも、建っているものは皆歴史のあるものように見える。総門は1783年のものだし、山門は1775年の建造だ。伽藍は創建当時の面影を残しているらしい。

鐘楼の側から眺めると、梵鐘と撞木の向こうに寺院の建物が聳えているのが見えた

ENGLISH
2005年11月 建築 神奈川
ベル 鎌倉 寺院

PHOTO DATA

No

247

撮影年月

2005年10月

投稿日

2005年11月24日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

鎌倉 / 神奈川

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT