歩道の街路樹に吊るしたハンモックの上で男が寝息を立てていた

ハンモックで寝る男
歩道に吊るしたハンモックで寝る男
似たような写真

木々の間に机と椅子が置かれていた。ここはバンコクのプラナコーン区に伸びる道の歩道。公共空間のはずなのに誰かの家のリビングのような雰囲気になっていた。屋根の無いことを除けば、ここは案外過ごしやすい場所なのかもしれない。

このリビングの持ち主がどこにいるのかはすぐに分かった。木と木の間に掛けられているハンモックで健やかに寝息を立てていたのが持ち主に違いない。脇を自動車が通り抜けようと、僕のような歩行者が通りかかろうと、男は気に留めることなく寝転がっていて、心地良さそうに寝息を立てていた。もう周囲の雑音は気にならない域に達しているようだ。そうでもないと歩道の一角で心地良く寝れないだろう。

しかし快適な空間を邪魔するのは何も雑音だけではない。雨だって邪魔してくるに違いない。その時には、さすがに男も目を覚ますのだろう。もっとも歩道でぐっすり寝付ける男のことだから、路上に展開した家財道具が雨に濡れるくらいのことも気に留めないかもしれないけれど。

 でコメントする
ENGLISH
2018年1月 人びと タイ
バンコク ハンモック 歩道 睡眠

PHOTO DATA

No

10407

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月10日

更新日

2024年01月06日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT