扉の隣にはシヴァ神

扉の隣に描かれたシヴァ神
インドのコルカタで撮影 オザワテツ

ヒンドゥー教の神様が描かれていた

とある家の扉の横には、荒々しい男の絵が描かれていた。左手には三叉の鉾を持っていて、右手は腰に当てている。さらに上半身には何も纏っていない。この堂々とした男はシヴァ神だ。シヴァ神はヒンドゥー教における最高神の一柱で、破壊を司る神だ。

あまりにも堂々と玄関の横に立っているので、まるでこの家を護っているかのように見える。これだと泥棒も入りづらいだろう。入ろうとした泥棒たちはシヴァ神に呪われてしまうに違いない。

EN

コルカタってどこ?

PHOTO DATA

No

7236

撮影年月

2011年7月

投稿日

2013年02月09日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM