格子越しに日差しが入ってきていた

格子越しに入ってくる日差し
愛知の常滑で撮影
関連する写真

食堂の中で料理が出てくるのを待っていた。お腹が減っていた。天気の良い日で、ガラス戸からは強い日差しが店内に差し込んでいる。ガラス戸の格子はシルエットになっていて、その影がくっきりと床に落ちている。

扉の外にはベンチが設置されているのが見えた。店の外で待つ人のためのものなのだろうけれど、今は誰も待っていない。ただ灰皿がポツンと置かれていた。料理が出てくるまでの間、何もすることがないので、僕はじっと灰皿を見ていた。灰皿もやはり常滑焼なのだろうかと考えながら。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年9月 愛知 町角
格子 シルエット 日差し 常滑

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

166

撮影年月

2005年8月

投稿日

2005年09月04日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

常滑 / 愛知

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

常滑ってどこ?

PREV & NEXT