旧芝離宮恩賜庭園に生えている木の幹からひょっこりと赤い新芽が芽吹いていた

旧芝離宮恩賜庭園の赤い新芽
旧芝離宮恩賜庭園の赤い新芽
関連する写真

天気のいい昼下がり、散歩でもしようと思って浜松町駅のすぐ横にある旧芝離宮恩賜庭園へやって来た。ここは江戸幕府の老中・大久保忠朝の上屋敷内に造られた大名庭園を起源とする回遊式庭園。大きながあり、のんびり歩くにはいいところなのだ。

ゆるりと池の畔を歩くのに向いた好天だったにもかかわらず、旧芝離宮はガラガラだった。下手をすると庭園を独り占めできるのではないかと錯覚してしまうくらい人がいない。もちろん混雑しているより空いている方が望ましいとはいえ、あまりにも空いていると心配になってしまう。今は東京都が管理している公園だから潰れてしまうようなことはないと思うけれど。

いくつかある都立公園の中で旧芝離宮恩賜庭園の人気がないのは他の公園に比べて見劣りするのも原因のひとつだと思う。新宿御苑のように広大な芝生が広がっているわけでもなく、旧古川庭園のように瀟洒な洋館が建っているわけでもない。作庭当時は海岸に面していて海水が流入していたという池も今や淡水だし、埋め立てが進んだ今では海そのものが見えない。周囲をビルに囲まれた庭園にいるとなんだか箱庭にいるような気分になってしまうのだ。

そのような中、駄目押しなのは浜離宮恩賜庭園と名前が似ていることだと思う。浜離宮恩賜庭園と旧芝離宮恩賜庭園。このふたつを混同している人も多いのではなかろうか。ネーミングがちょっとメジャーな公園と似てしまっているから、知名度やブランド力が上がらないに違いない。

ENGLISH
2022年2月 自然 東京
庭園 浜松町

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12174

撮影年月

2021年12月

投稿日

2022年02月12日

更新日

2022年04月01日

撮影場所

浜松町 / 東京

ジャンル

自然写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

旧芝離宮恩賜庭園ってどこ?

Prev & Next