葉っぱという葉っぱが赤く染まっていた

井の頭公園の鮮やかな紅葉の葉
東京にある井の頭公園で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

井の頭公園の紅葉が綺麗に色づいてきていた。風の中でユラユラしている紅葉はまるで燃えさかる炎のよう。そのような紅葉の形を見ていると、カナダの国旗を思い起こしてしまう。カナダ国旗の中央には大きなサトウカエデのが描かれていて、紅葉をデザインしているかのように見えてしまうのだ。

サトウカエデはカナダを代表する木で、食べ物がない冬に先住民の教えに従ってカエデの樹液をすすって飢えをしのいだという開拓時代の厳しい暮らしを象徴しているのだという。そのような意味が込められているとは知らなかった。

予想に反して艱難辛苦を表しているカナダ国旗というと、中東を旅している時に出会ったカナダ人のほとんどがカナダ国旗をカバンにくっつけていたのを思い出す。中東ではアメリカを敵国と思っている人が多いので、アメリカ人というだけで嫌な目に会ってしまうこともあるのかもしれない(日本人である僕にはよくわからないけれど)。

そのため、カナダ人はアメリカ人に間違われないように目印としてカバンに国旗を付けているのだ。アメリカの星条旗がメジャーなものに対して、カナダ国旗がどれだけ認知されているのかは分からない。でも外見だけでアメリカ人とカナダ人の見分けるのは至難の技だろうから少しは効果があるのかもしれない。。

ENGLISH
2005年1月 自然 東京
吉祥寺 公園

井の頭公園ってどこ?

PHOTO DATA

No

9

撮影年月

2004年12月

投稿日

2005年01月01日

更新日

2021年09月21日

撮影場所

井の頭公園 / 東京

ジャンル

自然写真

カメラ

CANON EOS 1V

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ