俵万智の個展では会場のあちらこちらに短歌が記されていた

歌人の個展
俵万智の個展が開催されていたエディットアンドアートギャラリー
関連する写真

個展と聞くと画家写真家あるいは造形作家の作品が展示されている空間を思い浮かべるものの、この日にやって来た個展は画家のものでもなく、写真家のものでもなく、造形作家のものでもなく、歌人の個展だった。僕は埼玉所沢にある角川武蔵野ミュージアムで開催されていた俵万智の個展にやって来たのだった。

歌人の個展なんて初めてだ。公式ページに「初めての本格的個展」と記載されているくらいだから、俵万智ほどのキャリアのある歌人であっても個展を開催するのは珍しいのだろう。歌人の作品は紡いだ言葉だけ。それを展示するとはいかに。単純に考えると資料の展示だけになってしまいそうだ。

個展が開催されているギャラリーに足を踏み入れると、そこにはもちろん書籍やインタビュー記事などの資料も展示されていた。けれどもそれらは脇役で主役は明らかに短歌だった。俵万智の作品としての言葉があちらこちらに印字されているのだ。にも置いてあるオブジェにもユラユラ揺れるカーテンにも言葉が記されていて、空間に言葉が漂っている。短歌に囲まれながら思った。これは正真正銘の短歌の個展だ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年3月 人びと 埼玉
博物館・美術館 所沢

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12191

撮影年月

2022年1月

投稿日

2022年03月01日

撮影場所

所沢 / 埼玉

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

角川武蔵野ミュージアムってどこ?

PREV & NEXT