狭い路地の先に人びと

神保町の狭い路地
東京の神田小川町で撮影 オザワテツ

路地の先には大通りが見えた

狭い路地は高い建物に挟まれていた。この辺りは古くから町が栄えていたところで、脇道に入ると路地の道幅はそのままに建物だけが空に向かって伸びてしまったかのような印象を受ける。狭い路地には太陽が差し込んでくることはなく、昼間でもちょっと薄暗い。まるでクレバスか何かに落ちてしまったかのような気がしてしまうのだった。

でも、地底に落ちてしまったのは僕だけではないようで、路地の先には人も歩いているし、車も走っていた。日陰にいるのは僕だけで、みな日の当たるところを動いているのだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

神田小川町ってどこ?

PHOTO DATA

No

9581

撮影年月

2015年9月

投稿日

2015年12月04日

撮影場所

神田小川町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

アーカイブ