シルエットが歩道を歩いていた

歩道のシルエット
東京の神田小川町で撮影
関連する写真

幅の広い靖国通りには歩道橋が架かっていた。その上に立ってぼんやりと往来を眺めていた。眼下では沢山の車が車道を走り抜けていて、大勢の歩行者が歩道を歩いているのが目に入ってくる。強い日差しを受けて、歩道を往く人びとの姿はみなシルエットになっていた。

顔が見えないと皆没個性で、有象無象が蠢いているように見えてしまう。そんなひとつのシルエットがちょうど横断歩道を渡り終えたところだった。僕の気分がそうさせるのかもしれないけれど、時間がゆっくりと流れているような気がした。個性を失った歩行者たちもゆったりと歩いているように見えた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年12月 町角 東京
神田小川町 歩行者 シルエット

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9579

撮影年月

2015年9月

投稿日

2015年12月02日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

神田小川町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

神田小川町ってどこ?

PREV & NEXT