線路脇の歩道橋

線路脇の歩道橋
東京の大久保で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

線路脇にこっそり架けられていた歩道橋をトレンチコートを着た女性が渡っていた

台湾ではしばしば見かけるものの、日本ではあまり見かけないものに媽祖を祀った寺院が挙げられる。媽祖とは1000年前以上前の福建省に実在したとされ、航海神とされる人物だ。時代を経るにつれ、海上活動の守護神から全体的な守護神へ変貌し、台湾や東南アジア各地で人気が高い。中華文化圏や華僑のいるところにはあちらこちらに媽祖を祀った道教の寺院があるのだ。

しかしながら日本で航海神というと底筒男命・中筒男命・表筒男命の住吉大神の方がずっと知名度がある。そのため媽祖を祀った寺院は日本にはあまりないものと思っていたところ、その認識は甘かった。僕が知らなかっただけで2006年には横浜中華街に横浜媽祖廟が落慶し、2013年には東京の大久保に東京媽祖廟が落慶していたのだ。

そこでこの日は東京媽祖廟を訪れるために大久保にやって来た。線路脇におまけのように架かる歩道橋をトレンチコートを着た女性に続いて渡り、大久保を目指す。雑居ビルの密集地に建つ媽祖廟は、予想を裏切り4階建ての寺院だった。各フロアに神様がいて、それぞれの神様の前のテーブルにお供え物が置かれていた。思い込みとは怖いもので、寺院が複数のフロアを持つビルに入っていると、なんだか落ち着かない。心のどこかで寺院は平屋だと勝手に思っているようだ。

ENGLISH
2021年9月 人びと 東京
バック・ショット 大久保 歩道橋

大久保ってどこ?

PHOTO DATA

No

12019

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年09月04日

更新日

2021年09月06日

撮影場所

大久保 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ