弘明寺の仁王像が金網の中で見得を切っていた

弘明寺の仁王像
弘明寺の仁王像
関連する写真

仏教寺院の正門である山門に金剛力士像が置かれているのは珍しくない。なぜなら金剛力士は護法善神という、仏法と仏教徒を守護するのがお役目のだからだ。入り口に陣取って、変なものが境内に入ってこないか見守るのが金剛力士の仕事だ。例えていうなら校門のところに立って生徒たちが遅刻しないか、風紀が乱れていないかチェックしている校長先生のような存在なのだ。

そのため金剛力士像はナメられないように、憤怒の表情を浮かべているし、手には金剛杵という武器を持っている。売られた喧嘩はいつだって買い取るつもりに違いない。そのような点は校長先生というより、学校内の覇権を握るヤンキーのようだ。いずれにしても、このような存在があるからこそ、一般の参拝客が安心してお参りできるのだ。

武器を手に怖い顔をするのが、寺院内に仏敵が入り込むのを防ぐ効果があるのも、何かあったら実際に暴力を振るうという担保があってこそ。しかしながら、その担保が機能していないと思う寺院は結構多い。この日にやって来た横浜にある弘明寺の金剛力士もそうだった。目を見開いて、憤怒の表情を浮かべているものの、金剛力士は金網の向こうに立っている。これではの中にいるライオンを安全地帯から眺めるのとなんら変わらないではないか。

ENGLISH
2022年4月 神奈川 静物
ポーズ 寺院 金網 横浜
横浜で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12229

撮影年月

2022年2月

投稿日

2022年04月08日

更新日

2022年04月09日

撮影場所

横浜 / 神奈川

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

弘明寺ってどこ?

Prev & Next